平塚市で不動産購入するための総合ナビ

平塚市に夢のマイホーム!はじめての不動産購入ガイド
最適な物件を探すなら平塚市の不動産会社を徹底比較
平塚市に夢のマイホーム!はじめての不動産購入ガイド » 平塚市で不動産を購入する際にかかる費用

平塚市で不動産を購入する際にかかる費用

不動産の購入は、一生で最も大きな買い物と言われています。それは、不動産の価格自体だけが高いだけでなく、その後の維持費や税金など、さまざまなコストがかかるからです。

家を購入するための資金として、土地と建物代しか念頭においていない方にとっては、それ以外にも、想像以上に多くの費用がかかることになるでしょう。そのときに困らないためにも、不動産の購入に関わる費用にどのようなものがあるのか、詳しく知っておきましょう。

不動産にかかる税金

一言で税金と言っても、不動産購入に関わる税金にはさまざまなタイプがあります。不動産取得時には、印紙税や不動産取得税、登録免許税、消費税がかかります。このすべてを合計すると数万ではおさまりませんので、しっかり費用として考えておくことが重要です。

また、家を購入して住み始めてからも、毎年固定資産税・都市計画税という税金がかかります。こちらは一度払えば終わりというわけではなく、毎年必ず払わなくてはいけないものです。

家計を圧迫して家の保有が難しい…なんてことにならないよう、購入前からどのくらいの費用になるのかをはじき出して、計画的に資金計画を立てる必要があります。

平塚市の不動産にかかる税金を見る

住宅ローン

住宅ローンには審査があるため、選びたくても選べないローンもありますし、適当に選んでしまえば大きな損をすることにもなりますので、しっかり吟味して、いくつかを候補に挙げておくことが重要です。

特に金利のタイプによっては、想像以上に負担が大きくなってしまうこともありますので、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、自分に合った金利を選びましょう。

不動産購入には、さまざまな費用がかかりますが、すべてにおいてしっかりと内容を確認し、資金計画を立てることが失敗のない不動産購入につながります。

自分でしっかりと組み立てて考える以外にも、ファイナンシャルプランナーなど、お金のプロに頼るのもひとつの方法です。

平塚市の住宅ローン事情を見る

全国の県と比較! 現在の住宅購入事情

住宅を購入する際に、皆様は何を一番気にするでしょうか。「値段」と答える方が多いかと思います。無理もありません。住宅の購入は、人生における一番大きな買い物と言っても良いからです。そこでこの項目では、平塚市の住宅購入の際にかかる費用を、他県と比較しながら解説したいと思います。

例えば、土地付き注文住宅を購入する際にかかる費用を見てみましょう。土地付き住宅を購入する際にかかる費用は、大きく「建設費」と「土地収得費用」の二つに分けることができます。住宅金融支援機構の『2016年度利用者調査』によれば、建設費がもっとも高いのは愛知県の2912万円、土地収得費が最も高いのは東京都の3239万円です。そして総額で見てみると、全国の土地付き注文住宅の平均購入額は3955万円になります。

また、住宅金融支援機構の「フラット35利用者調査(2016年度)」によれば、全国の建買住宅の平均購入費用は3337.8万円、マンションの場合は4266.7万円になります。

広さで見る!住宅の延床面積と土地面積

住宅を購入する際には他にも、間取りや家の広さを気にするのではないでしょうか? 例えば、3LDKや4DKというのは部屋の数などを示します。数字が大きいほど当然部屋の数は増えますが、住宅の中には部屋の数自体は少ないけど一部屋一部屋が大きい家というのもあるのです。小さくとも良いので、物置代わりに使える部屋が一つ欲しいという人もいれば、一部屋一部屋が広い方がレイアウトがしやすくて好きだという人もいることでしょう。理想通りの家を買うには、「延床面積」と「土地面積」に気を付けましょう。

家の広さには「延床免責」と「土地面積」の二種類があります。「延床面積」は住宅内の床の面積、土地面積は購入した土地そのものの面積をさします。例えば東京の平均延床面積は100平方メートル、平均土地面積は113平方メートルです。これは全国的に見ても狭い方で、日本でもっとも広い平均延床面積を誇るのは富山県の126平方メートル、土地面積は長野県の293平方メートルとなっています。

神奈川県と平塚市の延床・土地面積と購入金額

では、神奈川県と平塚市の住宅事情はどうなっているのでしょうか。まずは神奈川県の県平均から紹介します。まず神奈川県の平均建設費は2545万円です。建設費がもっとも高い愛知県と比べると、およそ400万円安いことが分ります。ただし、お隣の首都東京が2389万円と、東京都比べると少し割高です。ただし、他の関東圏の県が軒並み2500万円を超えており、関東圏の中では東京に続く2番目の安さだという特徴があります。

また、土地収得費を見ると、関東圏の県内でダントツに高い東京の3239万円と比較したとき、およそ一千万円も低い2267万円なのです。東京に近く、東京に次ぐ都市である神奈川県でこの値段ならば、納得する人も多いのではないでしょうか?

続いて家と土地の広さに注目しましょう。日本地図からも分かる通り、神奈川県は決して広い県ではありません。そのため延床・土地面積の平均は105平方メートル、151平方メートルと、関東では二番目に狭いのです。それでも、東京と比べるとどちらも広いという特徴があります。

このように、神奈川県は東京にも負けない発展を遂げた町でありながら、東京よりも広く安い家が買えるという傾向にあるのだとわかります。

では、平塚市の住宅購入事情はどうなのでしょうか? まずは値段から紹介します。平塚市で住宅を購入する場合は、建設費と土地取得費を合わせて3000万円前後するのが平均です。とくに土地自体の値段が安く、土地だけを見たときの1平方メートルの値段は11.4万円と言われています。実は平塚市はここ数年、土地価格が年々下落傾向にあるのです。このようなこともあってか、近年では平塚市で、ゆったりと広い家の建築が増えているのです。

平塚市の特徴

平塚市は神奈川県のほぼ中央に位置し、茅ヶ崎や江の島と並ぶ湘南エリアに含まれる町です。湘南の海と山に囲まれ、夏は涼しく冬は暖かいという非常に恵まれた気候が特徴だと言えます。

また交通の面では、平塚駅からは湘南新宿ラインが出ているため、池袋や新宿、渋谷といった東京方面の主要な町にも通勤しやすく、その上横浜への移動も難しくないというメリットがるのです。さらに、平塚市には5本の国道が通っているため、車での移動も難しくありません。

相模湾沿いにある町ということでウォータースポーツの人気が高く、さらにはJリーグサッカーチーム湘南ベルマーレのホームグランドでもあります。サッカー好きならば楽しめることでしょう。

また、7月には日本一豪華な七夕まつり「湘南ひらつか七夕まつり」が開かれたり、充実した芸術・文化施設が揃っているという魅力があるのです。

平塚市は平塚駅を中心に、北側が繁華街、南側が住宅街になっている傾向にあります。移住などを検討しているならば南側、とくに八重咲町や松風町が人気です。閑静な住宅街となっており、海にも近いというメリットがあります。

平塚市で住宅を購入するメリット

各地方自治体では各々の土地に人が住んでくれるよう、また、すでに住んでいる人が安心して長く暮らせるよう、住宅の購入や改修に対してさまざまな政策を行っています。補助金の給付や税金の控除などがそうです。

例えば国の場合は、住宅を購入した年に確定申告でその旨を申請すれば、所得税が減額されます。このようなことを地方自治体でも行うことができるのです。

では、平塚市の場合はどのような政策があるのでしょうか? この項目では平塚市の住宅にまつわる政策をまとめました。

・新築住宅に係る固定資産税の減額措置

平塚市では一定の要件を満たした新築住宅に対して、床面積が120平方メートル以下の居住部分につき、新築後3年度分の固定資産税額を半分に減額するという措置がとられています。ちなみに3階建て以上の中高層耐火住宅ならば5年度分の固定資産税が半額になるので、さらにお得です。

・住居確保給付金

平塚市では市内に住む人々に対し、離職又は自営業の廃止といった理由で経済的に困窮した場合、住居を喪失した、又は住居を喪失するおそれがある時に、家賃相当分の給付金を支給するという支援を行っています。たとえば2人世帯の場合、月の世帯収入が17.9万円以下の場合、4.9万円が支給されるのです。

・木造住宅耐震化促進事業補助金

平塚市では木造住宅の耐震化を促進しています。木造住宅の耐震化工事を行う場合、一回に月3万円から4万円円が給付されます。

・住宅改修費の支給

日本は現在高齢社会です。それに伴い、高齢者の生きやすい環境をつくるのは国と自治体の急務でもあります。平塚市では、各家庭が手すりの取付けや段差解消など、家の改修工事を行った際に最大20万円を上限額として、費用の約90%を支給しています。

平塚に住むメリット

平塚市は自然が多く、東京や横浜にも電車で行きやすい便利な街です。さらに、平塚市は子育て支援や学校教育に非常に力を入れている街でもあります。例えば、0歳から中学生までの子供がいる家庭には児童手当が支給されます。さらに、中学3年生までが医療費助成対象です。また、身体障害の状態にある児童への扶養手当が非常に手厚いという特徴もあります。

そして暮らしていく上で重要な商業施設はもちろんのこと、レジャー施設も豊富です。ショッピングで困ることはなく、家族みんなで出かける先が多いので家族の時間を増やすことができます。

一般公開物件数で比較!
平塚市の不動産会社
豊栄ハウジング 豊栄ハウジング 画像引用元:豊栄ハウジング公式HP
http://www.hoei-g.co.jp/
一般公開物件数
383
掲載画像枚数
10枚以上
スタッフの資格数
建築施工管理技士、
ファイナンシャルプランナーなど多数

公式HPを見る電話する

アプリコットホーム アプリコットホーム 画像引用元:アプリコットホーム公式HP
http://www.apricothome.com/
一般公開物件数
342件
掲載画像枚数
10枚程度
スタッフの資格数
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

公式HPを見る電話する

ハウスポート ハウスポート 画像引用元:ハウスポート公式HP
http://www.h-port.net/
一般公開物件数
338件
掲載画像枚数
4~10枚程度
スタッフの資格数
記載なし

公式HPを見る電話する

最適な物件を探すなら平塚市の不動産会社を徹底比較