平塚市で不動産購入するための総合ナビ

平塚市に夢のマイホーム!はじめての不動産購入ガイド
最適な物件を探すなら平塚市の不動産会社を徹底比較
平塚市に夢のマイホーム!はじめての不動産購入ガイド » 平塚市の不動産会社の選び方 » 平塚市で土地選び時の注意点をご紹介

平塚市で土地選び時の注意点をご紹介

平塚市で土地選びをするときに必ず押さえておきたい5つのチェックポイント!

1.重視しているポイントによって最適な土地は異なる

平塚

平塚市は文化と自然の融合した街なので、何を重視するかによって最適な土地は異なります。利便性重視の方は駅周辺、自然重視の方は市街地が最適でしょう。

相模川流域で水源の豊かな地方都市、美しい海と山に囲まれた自然環境に恵まれた豊かな土地です。海水浴やサーフィンなどを楽しむには最適なロケーションが揃った、人気のマリンレジャースポットでもあります。

また、駅から少し離れると閑静な住宅街や田園地帯が広がり、穏やかで居心地の良い生活空間になっています。バブル前後に続々と造られた新興住宅地やマンション群によって、それまでレジャースポットだった平塚が住居対象として人気を強めてきました。

JR平塚駅周辺は、10階を超すビル群が密集した繁華街やマンション群を形成していて、地方の中心地としてはかなり利便性の高い地方都市と言えるでしょう。

古くから宿場町として栄えて人口も多く、生活面は大変便利です。駅周辺には大型商業施設を始めとするショッピングモールや繁華街が栄えていて、買い物や娯楽などが十分に楽しめますし、公共サービスもしっかりとしていて生活上の利便性は横浜や川崎と大きく変わりません。

交通面を見ますと、JR平塚駅は東海道線と湘南新宿ラインによって東京方面へのアクセスが便利です。横浜までの所要時間が最短で30分、東京へも直通で1時間以内に到着します

ただし、道路事情は人口増加に追い付いていません。特に海水浴シーズンの国道1号線や134号線に近いところは、渋滞による騒々しさを覚悟する必要があるでしょう。

平塚は相模川が市の中央に流れていて、東西に抜ける道路の本数が限られて渋滞の原因になっています。鉄道はJR東海道本線だけで、時間帯によっては東京方面へのアクセスにも不便を感じるかもしれません。

2.治安が気になる方には駅の南側がおすすめ

平塚市は「東海道五十三次」でもお馴染みの宿場町で、平塚駅の北側は居酒屋や風俗店、それにパチンコ屋などが集まっている歓楽街が広がっています。特に夜になると治安上で不安を感じる方も少なくありません。

神奈川県警のデータによりますと、平成22年度の人口比に対する犯罪件数が最も多かったのが横浜市中区(人口146,033人)で3,443件、2番目が横浜市西区(94,867人)の2,137件、平塚市(260,780人)は6位で3,535件でした。

原因としては平塚で活動をしている暴力団や不法な外国人労働者(歓楽街で就労)、広域な範囲からやんちゃな若者が集まる傾向があるためだと考えられます。

ただし、平塚駅の南側は比較的に穏やかな住宅街。また駅から500mも離れれば街の喧騒は無くなり、新興住宅地や昔からの農村地域での生活はいたって平和で治安の心配は少なくなります。治安を重視する方は駅の南側を中心に土地を選んでみてください。

3.開発の見込みなどを踏まえて将来を見据える

閑静な新興住宅地の周辺には地価が安いところが多く、将来を見据えて購入するのも良いでしょう。最近注目の新興住宅地としては新幹線路沿いにある西部の日向岡や北部の田村などがあります。これから開発が進みそうな地域もいくつかありますので要チェックです。

2018年の平塚駅周辺の平均坪単価は53.9万円で、神奈川県の平均路線価よりも20%程安くなっています。平塚市は東海道本線の駅の中では6番目に家賃相場が低く、バブル崩壊後の地価下落傾向が停まっていないことも特徴的です。

JR平塚駅周辺では紅谷町2-22が坪単価244.6万円と最高値で、田園部・山岳部では坪単価1万円前後の土地もあります。ただし新興住宅地の場合は多少駅から離れていてもそれなりに地価が高いので、土地を選ぶ際は場所の利便性と路線価のバランスを確認してみましょう。

4.平塚市の防災対策は充実している

平塚市では地震や津波が発生した際に緊急避難の目安となる「平塚市地震防災マップ・津波ハザードマップ」や「津波浸水想定」や「神奈川地震被害想定調査報告書」を公表するなど、地域住民の安全・安心な生活へ尽力している地域です。下記ではハザードマップの一例をご紹介いたします。

<ハザードマップ一例>

地震防災マップ 過去の大正型関東地震を参考に、建物被害予測が分かりやすく地図化されています。緊急避難先や安全対策・建物の耐震化・補助金制度を掲載しています。
津波ハザードマップ 最大クラスの津波(元禄関東地震レベル)が発生した場合の浸水域・浸水深度を地図化しています。また津波避難に指定されているビルの一覧や津波警報などの種類も分かりやすく説明されています。
洪水ハザードマップ 集中豪雨や洪水時の浸水の予想を地図化しています。平塚は相模川水系の影響が強いために、浸水の範囲や深さをベースに危険地域を特定し、避難所や防災関係機関の連絡先や情報の取得方法が説明してあります。

平塚市は丹沢山系からの大水で河川の氾濫の可能性があり、かつ津波の被害も拡大しやすい典型的な神奈川県の海岸地域です。これらハザードマップを確認して、安心・安全な土地選びに役立ててください。

5.目当ての土地が見つかったら土地の状態をまずチェック

良さそうな土地が見つかったら、その土地がどの様な状態にあるのか、利用目的に適った条件を備えているかをチェックしましょう。これは平塚に限った話ではありませんが、基本として押さえておいてください。

まず、土地が建築基準法の道路に2メートル以上接しているかどうかの確認です。

この条件を満たさなければ建築許可が下りません。また公道への導線の確保は十分かどうか、マイカーの車庫の設置なども考慮し、土地の境界線も正確にチェックしましょう。

ライフラインの整備ですが、田園地域や山岳地域では上下水道やガス・電気などのインフラ設備の状態もチェックしましょう。平塚の海岸付近では地盤チェックも大事です。公道や周辺の住宅と比べて土地が低いとか傾斜した土地は整地する必要があり、その分の費用が上乗せされてしまいます。

これらは地図(公図)や建築確認済証・検査済証、物件状況確認書や土地測量図・境界確認書・耐震診断報告書などでしっかりと確認するようにしましょう。

5つのポイントで満足いく土地選びをしよう

お目当ての土地の価値や利便性、また安全性などをこれら5つのポイントでチェックしてみてください。また平塚にマイホームを作ろうと考えている方も、資産価値が高い土地選びの参考にしましょう。

一般公開物件数で比較!
平塚市の不動産会社
豊栄ハウジング 豊栄ハウジング 画像引用元:豊栄ハウジング公式HP
http://www.hoei-g.co.jp/
一般公開物件数
383
掲載画像枚数
10枚以上
スタッフの資格数
建築施工管理技士、
ファイナンシャルプランナーなど多数

公式HPを見る電話する

アプリコットホーム アプリコットホーム 画像引用元:アプリコットホーム公式HP
http://www.apricothome.com/
一般公開物件数
342件
掲載画像枚数
10枚程度
スタッフの資格数
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

公式HPを見る電話する

ハウスポート ハウスポート 画像引用元:ハウスポート公式HP
http://www.h-port.net/
一般公開物件数
338件
掲載画像枚数
4~10枚程度
スタッフの資格数
記載なし

公式HPを見る電話する

最適な物件を探すなら平塚市の不動産会社を徹底比較