平塚市で不動産購入するための総合ナビ

平塚市に夢のマイホーム!はじめての不動産購入ガイド
最適な物件を探すなら平塚市の不動産会社を徹底比較
平塚市に夢のマイホーム!はじめての不動産購入ガイド » 平塚市の不動産会社の選び方 » 不動産選びに役立つスタッフの資格

不動産選びに役立つスタッフの資格

失敗のない不動産選びには、スタッフの人柄も大切ですが、やはり専門的な知識は欠かせないと言えます。プロの目で見てもらい、情報を提供してもらい、適切な計画を立ててもらうことで、将来を見据えた安心の不動産購入が実現します。

そうしたスタッフがいるかどうかを知るためには、その不動産会社にいるスタッフがどのような資格を持っているかを確認するのが一番の近道と言えます。もちろん、資格が全てではありませんが、資格を持っているということは、専門的に勉強している証ですので、信頼度は高いと言えます。

平塚市の不動産選びに役立つスタッフの資格とは

ファイナンシャルプランナー

不動産だけでなく、ライフプランニングと資金計画など、幅広くお金の相談にのってくれるお金のエキスパートです。

現在の家族構成や未来像を見据えての資金計画を考えたうえで、住宅ローンなどの相談にのってくれるため、非常にリアルな視点での資金計画を立てることができ、無理ない不動産購入を行うことができます。

契約のプロ、建築のプロ、お金のプロなど、各資格によって専門性が変わるのですが、それぞれのエキスパートが揃っている不動産会社を選べば、その全てを包括的にお願いすることができ、気軽にさまざまな不安や悩みを相談でき、心配を残すことなく最高の不動産購入を行うことができます。

建築施工管理技士

建築業界に身を置いていない私たちからすると、あまり聞き馴染みのない資格ですが、この資格を保有していることで、現場の指揮をとれるため、建築に関わる人にとっては重要な国家資格となります。

1級と2級がありますが、個人の住宅であれば、中小規模の工事レベルですので、2級の資格があれば十分役立ちます。ただ、1級となると、建築学全般を深く理解する必要があるため、より深い知識を保有していることとなります。

建築施工管理技士は、建築工事における施工過程・計画・品質や安全の管理などを担うことになります。つまり、建築におけるプロですので、安心して不動産選びを行うことができます。

宅地建物取引士

宅建士として知られている国家資格で、不動産会社が建物や土地の売買を行う際に、購入者側の利益を守り、円滑に取引が進む手伝いをしてくれるプロです。

宅地建物の取引を行う会社、つまり不動産会社では、土地や建物などの不動産売買や賃貸物件の仲介などを行い、さまざまな仲介に関わる仲介手数料で利益を得ています。不動産取引は非常に高額であるため、法律などの知識がないと思わぬ損害やトラブルを抱える可能性もあります。不動産売買や賃貸契約などを希望するお客様のほとんどは専門知識も経験もないという方ですから、お客様にとって必要な情報(重要事項)を説明するというのが宅建士の仕事です。

宅地建物取引士は、「宅地建物取引業者の事務所ごとに従業員5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引士を設置しなくてはならない」という法律がありますので、一定数の有資格者が必要です。

また、宅地建物取引士にしか行うことができない独占業務もあります。宅建士は不動産取引において重要な役割を持っているのです。

宅建士の独占業務

宅建士だけの独占業務を見てみましょう。

宅建士は、不動産に関わる取引に欠かせない存在だということがお分かりいただけると思います。

宅建士が語る不動産購入時のトラブル

不動産仲介会社とのトラブルで多いのが、媒介契約に関するものです。

例えば、先日、他の不動産仲介の話をされていたお客様で「気に入った物件が見つからなかったので専任媒介契約を契約期間満了時に打ち切りを申し出たら、後日不動産会社から費用が請求された。」という方がいました。

不動産仲介会社は、不動産取引が成立しなければ仲介手数料などは請求できません。何の業務も発生していないので、支払う必要はありません。

また、「専任媒介契約を契約期間満了時に解消しようと思っていたところ、勝手に専任媒介契約を自動更新されていた。」などという方もいました。

媒介契約は「自動更新」などできません。依頼者の申し出があってはじめて更新ができるのです。

このように、信頼できないような不動産仲介会社も存在するようです。いずれにしても不動産取引時の契約内容には十分注意してチェックしてください。

不動産鑑定士

不動産の「鑑定評価業務」が主な仕事ですが、いわゆる査定とは異なります。一般的な不動産の査定は、土地や建物などの不動産がいくらくらいで売れるかということを見ます。土地の形や広さ、家自体という場合には家の内部と外部をそれぞれ築年数や材質、修繕歴などを見て価格の目安を算出します。

これに対して不動産の鑑定評価とは、その不動産の利用価値を前提に、論理的な根拠と実証的な判断材料などを総合的に判断、分析し、それをお金にしたらいくらになるかという金額を出します。

それからもう一つの主な仕事は、コンサルティング業務。不動産鑑定評価の知識を生かしてお客様から不動産を預かり運用するほか、不動産の投資に関する判断材料(価値やリスクなど)を調査したりと、業務は多岐にわたります。

不動産鑑定士は全国でおよそ 8,000人程度しかいません。不動産業界系資格の最高峰と言われています。不動産鑑定士の業務には、土地の価格や不動産売買などは直接関係ないので、景気に影響されることがないという分野です。

不動産仲介会社の査定は安心できるのか

「不動産売却における一括査定サイト」によって、気軽に、簡単に売却を考えている不動産の「適正な価格」を知ることができるようになりました。また、査定を依頼した数社の不動産仲介会社の中から査定額が一番高額である会社が簡単に比較できるようにもなりました。

しかし、その手軽さゆえに不動産取引におけるトラブルに発展してしまうというケースもあります。

悪質な不動産仲介会社は査定で勝てるよう、高額な査定額を提示し、すぐに専任媒介契約を結ぼうと、「すぐに専任媒介契約をしてくれたら、さらに高額で売却できる」「専任媒介契約をしてくれたら高額で売却できるように、一般媒介契約者には紹介しないような買主を紹介する」などと言って他社とコミュニケーションを取られないよう、契約を急がせます。

専任媒介契約の落とし穴

そこからが落とし穴です。専任媒介契約とは、一社が独占して不動産売買や賃貸借などの契約の仲介をすることができます。ですから、他社に邪魔されることなく顧客を「囲い込む」ことができる状況を作れるというわけです。

不動産業界の中には、不動産の物件情報を共有出来るデータベースがあるのですが、その情報までも操作する悪質な不動産仲介会社があり、トラブルを生んでいます。

なぜそんなことをするのかというと、売主だけでなく、買主も自社で見付けることで不動産仲介会社は売主側、買主側からそれぞれ仲介手数料が入ってきますから、他社が買主の仲介をしようと問い合わせてきても虚偽の情報を与え、他社の介入を阻みます。

さらに、最初の査定額から大幅に減額した額を最終的に売主に提示し、売却を迫るというケースも。高い査定額で売却希望者を釣って、最終的には安い値段で売却させる。そしてそれを不動産仲介会社が買い取るというようなこともあるのです。

顔が見えない、不動産売却における一括査定サイトでは、こうしたトラブルやリスクがあるということも想定しておかなければいけません。つまり、不動産仲介会社の査定では、必ずしも、自分が所有している不動産の「本当の価値」は分からないことがあるということです。そう考えると、「適正な価格」がわかったとはいえません。

不動産鑑定士が語る「不動産売却における一括査定サイト」の問題点

不動産仲介会社による一括査定サイトについて、不動産鑑定士に聞いてみました。

不動産鑑定士が語る「不動産鑑定無料の危険性」

よく、不動産仲介会社が「不動産に関する売買などの取引に不動産鑑定士は必要ありません。」「有料で不動産鑑定士に鑑定してもらうなんてもったいない。不動産仲介会社なら査定は無料です。」「多くの不動産仲介会社からの査定額を見た方が安心、お得。」などと言っているようですが、不動産鑑定士はあらゆる側面からその不動産の価値を調査し、分析してから算出していきます。有料なのは当然です。多額な資産である大事な不動産を「無料で」という方が危険です。適正な価値を知らない事によりさまざまなリスクが高まるのです。ちなみに私の場合は、私を信頼して専任媒介契約をしていただいたお客様には、無料で鑑定評価書をお作りしています。

よく弁護士の方からも不動産仲介会社査定書について、不動産売買に関してのトラブルが起こったときなどに相談を受けます。

その査定書を見る度に「なんて無責任なのだろう。」「なんていい加減なのだろう。」と思います。

このようなトラブルの原因は、不動産仲介会社が不動産査定をする際、「責任を問われないこと」にあると思います。例えば、専任媒介契約をする際に提示していた査定額から大幅に減額して売却することになりそうだ、というような場合にも、何の責任にも問われないというのは余りにもおかしいと思います。だから悪質な不動産仲介会社が詐欺まがいのやり方で、お客様に不動産を「とても適正ではないような安い価格で」売却させるということが行われてしまうのです。

不動産鑑定士が語る「不動産購入前に考えるべきこと」

最近では、不動産を購入する前に「将来売却することも想定して、本当に価値がある物件を探したい。」と相談に来られる個人の方もマンション、戸建て問わずいらっしゃいます。立地条件や周辺環境、駅までのアクセスなどの他、建物としての価値、投資物件とした場合のことなど、さまざまな角度でお話をさせていただきます。個人の方でも、このような目線を持って不動産を探し、購入することは、とても大切だと思います。

でも、ほとんどの方は、不動産購入時に「本当の価値」を知ることよりも、目先の間取りやデザインなどにばかり目を向けてしまいがちではないでしょうか。

大切な不動産取引ですから、買うときも売るときも、慎重になっていただきたいと思います。ご自分の「資産を守る」「資産を作る」意識を持つことが大切です。

一般公開物件数で比較!
平塚市の不動産会社
豊栄ハウジング 豊栄ハウジング 画像引用元:豊栄ハウジング公式HP
http://www.hoei-g.co.jp/
一般公開物件数
383
掲載画像枚数
10枚以上
スタッフの資格数
建築施工管理技士、
ファイナンシャルプランナーなど多数

公式HPを見る電話する

アプリコットホーム アプリコットホーム 画像引用元:アプリコットホーム公式HP
http://www.apricothome.com/
一般公開物件数
342件
掲載画像枚数
10枚程度
スタッフの資格数
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

公式HPを見る電話する

ハウスポート ハウスポート 画像引用元:ハウスポート公式HP
http://www.h-port.net/
一般公開物件数
338件
掲載画像枚数
4~10枚程度
スタッフの資格数
記載なし

公式HPを見る電話する

最適な物件を探すなら平塚市の不動産会社を徹底比較